クレジットカードの7つの便利な機能

クレジットカードと聞くと、「現金を使わない支払い方法」くらいのイメージ程度しかないかもしれませんが、実はクレジットカードはたくさんの便利な機能を持っています。

セキュリティー上の問題もありますが、「カードを使うのは何となく心配…」といったイメージだけで、カードのメリットを利用しないのは少しもったいないかもしれません。

「クレジットカードってどんな使い方があるの?」と思っている方は必見です。以下、クレジットカードの主な使い方についてまとめました。

①支払い機能

money-256319_1920

最もポピュラーな使い方で、店頭やネットショッピングの支払い時に現金に代わる支払い手段となります。

クレジットカード払いは「後払い」の特徴を持っています。支払い決済を実行してから、実際に自分の口座から利用額引き落とされるのは翌月以降となることが多く、すぐに現金が用意できないときや多額の現金を持ち歩きたくないときに便利です。

②キャッシング機能(通貨の調達)

euro-1166051_1280

キャッシング機能が付いているクレジットカードでは国内外の銀行やATMにて、現地の通貨を引き出すことができます。

気をつけなければいけないのが、キャッシングは「お金を引き出す=借り入れ」という考え方であるため、利用額は手数料を合わせて、後日ATMの振り込みなどにより返済をする必要があることです。

借り入れ中の手数料は基本的に10~18%かかるため、例えば金利15%で50000円を引き出し、返済までに1ヶ月かかった場合、およそ50062円の返済額となります。手数料は返済までの日数を割った日割り計算となるため、返済までの日数が短いほど手数料は少なくて済みます。

③電子マネーへのチャージ

img_electronic_money_02

有名な電子マネーとして、「楽天edy」、「SUICA」、「WAON」、「nanaco」など挙げられますが、それら電子マネーへのチャージ手段として、クレジットカードを使うこともできます。

現金によるチャージと異なり、クレジットカードによるチャージではチャージ額に応じてポイントが還元されます。一般的なカードで1~2%のポイントが還元されるため、例えば10000円分をクレジットカードでチャージしてから使用すると、そのつど100~200円分のポイントを貯めることができます。

④ポイント機能

hands-1178786_1920

クレジットカードを利用した支払い時には、基本的に利用額に応じてポイントが還元されます。

還元率はカードによって異なるが、およそ0.5~2.0%が相場です。一ヶ月で10万円の支出がある場合にそれらをすべてカードを利用して支払うと、500~2000円分のポイントが貯まります。

従来のポイントは用途が限定されていることが多くて貯めても使い道が少なかったのですが、最近はマイレージに交換し航空券を手に入れたり、電子マネーに交換して普段の支払いに使ったりと、用途が広がってきています。カードのポイントを現金のように生活の中で活用できるので、よりポイントの価値を実感できるようになってきています。

⑤国内海外旅行保険機能

hiking-1312226_1920

多くのクレジットカードには国内海外旅行保険が付いています。

旅行保険とは旅行に出かけた際、ケガをした、病気になった、携行品が盗まれた、貴重なものを壊してしまった、といったトラブルに対して、その費用を補償してくれるサービスです。

なお、保険機能には自動付帯と利用付帯の2種類があり、自動付帯ではそのカードを持っているだけで旅行時のトラブルを補償してくれますが、利用付帯では旅行にかかわる支払いにそのカードが使用されることが保険適用の条件となっているので、注意が必要です。

⑥空港ラウンジの利用

waiting-768425_1280

国内外の空港にはラウンジと呼ばれる会員制のスペースがあります。

ラウンジは主にフライトまでの待ち時間に利用され、内部では主にリラックスシートでくつろいだり、無料のドリンクや軽食、アルコールが提供されるほか、中にはシャワールームまで備わっているラウンジもあります。

これらの上質なサービスはもともとビジネスやファーストクラスの乗客向けに提供されていましたが、近年ではクレジットカードの特典としてラウンジ利用が可能となることが増えてきています。

飛行機の利用が多く、空港でゆっくりとくつろぎたい人は、こうした条件もカード選びのポイントとして考慮していくと良いでしょう。

⑦マイレージを貯める機能

20150615193155

マイレージとは航空会社が提供しているポイント制度でマイルとも呼ばれます。

飛行機に利用時に飛行距離に応じて、ポイント(=マイル)が付与されたり、提携のクレジットカードで支払いをした際に利用額の一部をマイルとして貯めることができます。

貯めたマイルは航空券に交換したり、座席のグレードアップに使うことができます。マイルが貯まりやすいクレジットカードを使ってコツコツ貯めていくことで、1年間で東京~沖縄の往復チケット程度を手に入れることも可能です。

飛行機の利用が多い人や、旅行好きな人は、普段の生活でクレジットカードを上手に利用してマイルを貯めていきましょう。

カードのポイント無駄にしてませんか?

いま使っているクレジットカード、ポイントは貯まりやすいカードですか?

無料で発行できるカードでも、ポイントが貯まりやすいものとそうでないものがあります。

管理人の場合、カードの支払いが1ヶ月に8万円ほどあるのですが、使うカードを切り替えたことで、去年は12,000円分のポイントが貯まりました。

12,000円あったら何に使いますか?

ポイントを効率よく貯めて、ちょっとした贅沢に使えるといいですね^^

2018年版:ポイント還元率が高いカードを確認する