楽天カード

基本情報

国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
年会費 無料
ポイント還元率 100円につき1P
ポイント種類 楽天スーパーポイント
電子マネー機能 有り(楽天edy)
電子マネーチャージ
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2000万円)/カード盗難保険
キャンペーン情報 新規入会で5000円分のポイントがもらえる

特徴

3種類の機能搭載

クレジットカード機能、電子マネー機能、ポイント機能の3つの機能が1枚のカードに付いている。

楽天ポイント対応店では還元率は2%以上に

支払い時にクレジットカードを使用すると、カード掲示によるポイント(1%)+クレジットカード使用によるポイント(1%)で合計2%が貯まる。

さらに、サークルKサンクス、出光、大丸、松坂屋などの一部店舗ではポイント付与が2倍となるので、合計で3%のポイントが還元される。

楽天ポイントが貯まる場所

楽天ポイントはポイント対応店でカードを掲示すると、基本的に100円につき1Pが貯まる。

楽天市場、楽天トラベルなど、楽天系のサービスの方がポイントが貯まりやすいが、それ以外でもポイントが貯まりやすい店舗がある。

エネオス、ダンロップ、コナカ、エースコンタクト、眼鏡ストア、ルームズ大正堂、アリさんマークの引越、サカイ引越センター、大江戸温泉など

楽天ポイントの使い道

①電子マネー「楽天edy」に交換

貯めたポイントは1P=1円として楽天edyに交換できる(交換は10P以上で1P単位から可能)。

楽天edyはコンビニ、スーパー、飲食店、ネットショッピングなどの支払いに幅広く対応している。

楽天edyに交換すれば、貯めたポイントは残さずしっかりと使い切ることができる。

②ANAマイルへ交換

楽天ポイント2P=1ANAマイルとして交換できる(交換は50P以上で2P単位から可能)。

反対に、ANAマイルから楽天ポイントへの交換も可能で、この場合は10000マイル⇒10000Pとして交換できる。

ANAマイルへの交換できない楽天ポイントとして、「他社のクレジットカードから楽天ポイントへ移行したポイント」や「キャンペーンなどで手に入れたポイント」があるので注意したい。

③楽天ポイントのまま楽天系のサービスで使用

楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックス、などの楽天系のサービスなら1P=1円として、楽天ポイントのまま使用できる。

楽天サービスをよく使うなら、楽天ポイントのまま使用するのも良いだろう。

耳寄り情報

「楽天カードアプリ」と併用でさらに便利に

スマホアプリの「楽天カードアプリ」を使用すると、「カードの使用実績、ポイント残高、支出の内訳を分類」といった便利な機能を無料で使用することができる。

家計簿をつけなくとも、毎月の使用実績が自動的に溜まっていくので、支出管理におススメ。

家族で使えばポイントはシェアできる

「家族カード」を発行して家族で楽天カードを使用すれば、貯めたポイントは家族間で自在に交換することできる(50P以上から1P単位で交換可能、1ヶ月に最大10000Pまで)。

例えば、実家の公共料金を楽天カードで支払ったり、海外旅行時に貯まったポイントを子供に使わせる、といった使い方も可能となる。

※家族カード:すでに1枚カードを持っていて2枚目を家族が発行する場合、そのカードを1枚目の家族カードとすることができる。機能は変わらない)

カードのポイント無駄にしてませんか?

いま使っているクレジットカード、ポイントは貯まりやすいカードですか?

無料で発行できるカードでも、ポイントが貯まりやすいものとそうでないものがあります。

管理人の場合、カードの支払いが1ヶ月に8万円ほどあるのですが、使うカードを切り替えたことで、去年は12,000円分のポイントが貯まりました。

12,000円あったら何に使いますか?

ポイントを効率よく貯めて、ちょっとした贅沢に使えるといいですね^^

2018年版:ポイント還元率が高いカードを確認する