飲み会幹事でクレジットカード払いをするとおトク

alkolismus-64162_1920

「今度の飲み会幹事よろしく!」とふいに上司から頼まれて、気落ちしたことはありませんか?

日程調整、店選び、参加者への連絡、当日の取りまとめ、、、等々、ひとたび引き受けてしまうと、様々な雑務がくっついてくるのが飲み会幹事の仕事です。

その上、店のチョイスや当日の進行に落ち度があると、後日上司から文句を言われるようなことまであります、、、

「若手の役割とはいえ、飲み会の幹事はやり損なのか、、、」と思いがちですが、実は飲み会幹事を引き受けることはクレジットカードユーザーにとってはビッグチャンス!ポイントや航空マイルをザクザク貯めることができます。

幹事を引き受けるとどれだけポイントが貯まるのか、どうすれば一番効率よくポイントを貯められるのか、検証してみました。

飲み会で最もポイント還元率が良い組み合わせとは

飲み会幹事の仕事で使いやすいのは、ズバリ「リクルートカード×ホットペッパー」のコンビネーションです。

リクルートカードとは、リクルートが発行しているクレジットカードで、年会費無料でポイント還元率は1.2%と高水準なカード。
貯めたポイントは、「じゃらんネット」で旅行予約に使ったり、JALマイルへの交換、ローソンやケンタッキーで1P=1円として使用することもできます(Pontaポイントに交換)。

ホットペッパーは飲食店のオンライン予約サービスで、割引価格で予約ができるうえ、リクルートカードと組み合わせることで+2%のボーナスポイントが付与されます。

つまり、リクルートカードを使って、ホットペッパーからお店を予約すると、クレジットカードポイント(1.2%)+ボーナスポイント(2%)=3.2%ものポイントを、支払い額から得ることができます。クレジットカードのポイント還元は通常0.5~1.0%が相場とされる中で、この還元率は驚異的と言えます。

どのくらいポイントが貯まるのか?

euro-870757_1920

では、上記の組み合わせで幹事の仕事を行った場合ポイントはどの程度貯まるのか計算してみます。ここでは部署内の中規模な飲み会として「15名が参加し、参加費は一人5000円だった」と仮定します。

支払い額=5000円×15名=75000円
獲得ポイント数=75000円×3.2%=2400P

⇒上記の通り15名が参加した飲み会の場合では、2400円分ものポイントを貯めることができました。2400Pはかなり大きいですよね、、、れなら面倒な幹事の仕事を引き受けても報われる気がします。

ポイント以外にもメリットがある

カード払いから貯まるポイントも大きなメリットですが、幹事を引き受けることで得られるメリットはほかにもあります。

✓参加者の負担を抑えられる
よく知られているホットペッパーの利点は、クーポンサービスと言えます。例えば、「月~木は20%off」、「10名以上で幹事様無料」といったタイプのものが定番で、店頭で携帯画面を掲示すれば割引をしてくれます。幹事としては良いお店を使って、かつ参加者の方々の費用も抑えられることがベストなので、クーポンサービスが利用できるのは大きな利点と言えます。

✓店探しが楽
こちらもホットペッパーの利点ですが、ホットペッパーはトップ画面から都道府県ごとのエリアから選んだり、店のジャンル、一人当たりの予算、など条件を設定できるので、店探しの手間がほとんどかかりません。指定した条件で出てきたとこを2~3店チェックして、日程を選んで予約して完了です。外観や内装の写真も見れるので、店頭に行く前に店の雰囲気をチェックしておくこともできます。

✓社会的信用が高まる
利用者への”与信”で成り立つクレジットカードやローンの申し込みでは「審査」のフローがあり、このときに審査会社は申込者の信用情報をチェックし、申し込みの是非を判断します。信用情報は住まいや収入、職業などの項目もありますが、特に重要なポイントが「これまでの支払実績」です。クレジットカードで毎月一定額をコンスタントに支払っている場合は信用度は高まり、反対に支払いの遅延や実績なしの場合は信用度は低い状態となります。飲み会の幹事や、公共料金などまとまった支払いをカードできっちり支払うことができると、信用度は高くなり、今後ステータスの高いゴールドカードや住宅ローンなど組む際に、優位に立つことができます。

✓周りから感謝される

the-young-1075004_1280

飲み会の幹事は面倒な雑務が多く、普段の仕事で忙しい中で進んで引き受ける人はあまりいませんよね、、、そんな中で毎回面倒な仕事を進んで引き受けてくれる人が一人いると、やはり周りからはありがたく思われます。日本の会社ならではとも言えますが、仕事はチームワークで成り立つもので、メイン業務以外の部分も積極的に取り組んでいると、周りとの人間関係もスムースになります。

ポイントを貯めていたら周りから文句は言われない?

実は飲み会の幹事を引き受ける目的は、クレジットカードのポイントやマイルを貯めることです、、、など知られては分が悪いですよね。

ポイントが貯まるのは事実ですが、変な疑いをかけられないようためには「幹事の一番の目的は飲み会の参加者を満足させること」の姿勢を忘れないことが大切です。

ポイントが貯めることばかり考えて、高い店、サービスや立地が悪い店を選んで参加者を不快な気分にしてしまっては本末転倒です。反対にポイントを貯めていても、その分毎回美味しいお店やサービスが良い店へ皆を連れていき、かつ段取りよく進めていれば、わざわざ文句を言ってくるような人はいません。

実際に文句を言ってくる人がいたとしても、ではその人があなたに代わったところでいま以上の幹事の役割ができるのか?と思わせてしまえば大丈夫です。飲み会の参加者が気にかけるのは、「幹事がどれだけポイントを得られるか」よりも、「どれだけ満足のいく飲み会か」ですからね。

幹事を引き受けた以上は、まずはその役割を全うしていきましょう。

※リクルートカードのキャンペーン情報は公式サイトから(http://recruit-card.jp/basic-card/?campaignCd=crda0001)

カードのポイント無駄にしてませんか?

いま使っているクレジットカード、ポイントは貯まりやすいカードですか?

無料で発行できるカードでも、ポイントが貯まりやすいものとそうでないものがあります。

管理人の場合、カードの支払いが1ヶ月に8万円ほどあるのですが、使うカードを切り替えたことで、去年は12,000円分のポイントが貯まりました。

12,000円あったら何に使いますか?

ポイントを効率よく貯めて、ちょっとした贅沢に使えるといいですね^^

2018年版:ポイント還元率が高いカードを確認する