ICカード 履歴や残高を確認するには?(電子マネーSUICA,PASMO,ICOCAなど)

 

電子マネー(ICカード)とは現金の代わりにカードやおサイフケータイで支払いを行うキャッシュレスな決済手段のことです。

電子マネー(ICカード)の履歴や残高を知りたい時は、駅の自動販売機や多機能券売機で確認できます。

自宅などで履歴や残高を確認した方は、Felicaポート・パソリで確認できます。
「FeliCaポート/パソリ」はFeliCaを利用した非接触ICカードを読み書きできるリーダー/ライターです。

電子マネー(ICカード)には交通系と流通系の2種類がある

img_electronic_money_02

交通系電子マネーとは電車やバスで使用できる電子マネーで主に鉄道会社が発行しているSuica/Pasmo/Icocaなどが該当します。交通系電子マネーと言っても、最近はコンビニやスーパーなど交通以外の場面でも使用出来たり、マイルやポイントへの交換もできるなど、汎用性がどんどん広がってきています。一方、流通系電子マネーとは流通業者が発行してる電子マネーで楽天edy/WAON/nanacoなどがこれに該当します。

交通系電子マネー:Suica/Pasmo/ICOCA/TOICA/manaca/Kitaca/SUGOCA/nimoca/はやかけん

流通系電子マネー:楽天edy/WAON/nanaco/JCBプレモ/Tマネー

①駅の券売機を利用する。

交通系電子マネー

<駅の自動販売機の場合>

(1)駅の券売機や精算機で現金でチャージする方法が有名ですが、残金を確認することもできます。
(2)駅にある多機能券売機を使ってクレジットカードからチャージしたり
(3)残高が不足してきたタイミングで自動的にチャージされる「オートチャージ機能」もあります。

クレジットカードからのチャージや、(3)のオートチャージ機能を利用する場合は、チャージ額に応じてポイントを貯めることができるので便利かつおトクです。

関連記事【SUICA, Edy, WAON, nanaco対応】電子マネーのオートチャージ設定方法

流通系電子マネー

(1)店頭で現金からチャージする方法、残金を確認することもできます。

②Felicaポート・パソリを利用する

(1)Felicaポート・パソリをパソコンに接続して使用する
(2)Felicaポート・パソリ内臓のパソコンを使用する

ICカード(SUICA,PASMO,ICOCAなど)で利用できます、モバイルSUICAなどは使用できません。Felicaポート・パソリは家電量販店のパソコン売り場などで購入できます。

Felicaポート・パソリを使えば、駅やお店に行かず、自宅で履歴や残高が確認できるので、大変便利です。

最新20件までの、履歴が確認でき、鉄道の履歴では、入場駅、出場駅などの情報も確認できます。

③携帯サイトやスマホアプリで残高を管理する

smartphone-569515_1280

電子マネーは基本的にモバイルサイトやスマホアプリが用意されているため、チャージした金額や残高をオンライン上で手軽に管理することができます。家計簿やレシートを管理するのと比べても、簡単に管理できいつでもチェックすることができるので非常に便利です。

交通系電子マネー/流通系電子マネーを選ぶときのポイント

交通系電子マネー(ICカード)はSuicaやPasmoをはじめ、どの電子マネーも相互利用が可能なためどれを選んでも不自由はありませんが、各電子マネーと提携しているクレジットカードは全国でもエリアごとに分かれている場合が多く、特典やポイントの貯めやすさも地域に根付いていることが多いため、「交通系電子マネーは自分の居住エリアから」使った方が無難です。

流通系電子マネーは「生活圏内に対応店舗が多い電子マネー」を選ぶことが大切です。例えばセブンイレブンやイトーヨーカ堂の利用が多いならnanacoを選んだり、イオンやミニストップを利用するならwaonを選ぶと利用時のポイントを効率よく貯めていくことができてオトクです。

nanaco セブンイレブン、イトーヨーカ堂、そごう、デニーズ、ビックカメラ、コジマ、その他多数
waon イオン、ミニストップ、ファミマ、ローソン、ダイエー、HACドラッグ、ビックカメラ、コジマ、その他多数
楽天edy 楽天市場、セブン、ファミマ、ローソン、Amazon、ヨドバシカメラ、その他多数
Tマネー ツタヤ、コンビニ各地、スーパー、など利用範囲はかなり広い

電子マネーの普及は今後も広がっていく

taxes-740202_1920

便利に利用でき、かつクレジットカードと併用することでおトクになる「電子マネー(ICカード)」。これから利用範囲はますます広がってくるので、使い方をマスターしてお得に活用していきましょう。

セディナカードJiyu!da!、新規入会キャンペーンです。
セディナカードJiyu!da!
《特徴》
・年会費無料
・毎月の支払額/支払い方法が自由に決められる!
余裕があるときにはいつでも好きな金額をお支払いできます。
・ハローキティデザインもご用意

セディナカードJuyu!da!の評判は?

場所やシーンを選ぶことなく、何時でも普段遣いができると評判です。
ショッピングだけでなく、飲食店でも使えるお店が多いですから、常に持ち歩いてメインのカードとしても活用できます。
身近なお店に限らず旅行先でも使えるので、そういったところも評判となっています。
基本情報として、入会金や年会費は永久無料ですから、気軽に作れて便利に使える点が魅力だと思われます。
一方ではカード会社が選べるのもポイントで、自分の好きな会社が選べることがポジティブな評判を更に高めます。
ネットショッピングが中心の人の間では、ポイントの還元率の高さが好評です。
実店舗と同じく、やはりネットショッピングでも使えるお店の豊富さが強みで、それが利便性をアップさせています。
若い利用者層はコンビニの利用率が高いですが、指定のコンビニで買い物をすると多めにポイントがつきますから、そういう部分も評価されます。
他にも、キャンペーンの開催が頻繁で、割と還元の魅力が享受できる機会が多いと評判になっています。
年会費も家族カードも、初年度と2年目以降を問わず無料ですし、ETCカードも税抜1千円の発行手数料を除いて、2年目以降も無料です。
更に、各種公共料金の引き落としに対応で、管理をまとめることができますから、煩雑になりがちな毎月の支払いが楽になります。
好きな時に好きな分だけ支払えたり、毎月の支払額が決められるなど、文字通り使う人によって自由に使えるカードです。



ROLEX、HUBLOT、OMEGAなど人気のメンズブランド腕時計を月額制でレンタルする日本初のサービスです。

Suica機能が付いたイオンカードが「イオンSuicaカード」

Suica機能が付いたイオンカードが「イオンSuicaカード」
「Suica」と「イオンカード」が一体に、デポジット無料でSuicaが使える。
▼▼イオンカードお申込みはこちら▼▼
特典1 たまったときめきポイントをSuica(電子マネー)に交換できる
特典2 イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!
特典3 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%OFF

イオンSuicaカードでJR東日本自動改札をスムーズに通過でき、Suicaを使って駅ナカでもお得にお買い物ができます。
また、SuicaとWAONのオートチャージ機能も付いているので、定期的に電子マネーをチャージする必要がないメリットがあります。

イオンSuicaカードの特徴
イオンSuicaカードは、日常的にSuicaを利用するシーンが多く、またイオンでのお買い物をする人にとってメリットが大きいクレジットカードです。
年会費無料で使える点や、オートチャージが付いていることも評判となっています。

Apple Payでさらに快適に利用できます。
イオンSUICAカードはApple Payがつかえるようになっております。
Suicaは、Apple Payに対応しており、iPhoneにイオンSuicaカードを登録することでおサイフケータイとして使えます。
クレジットカード不要で、お持ちのiPhoneをかざすだけで、改札が通過できsuciaでの支払いが可能となります。
また、Suicaのオートチャージ(または手動チャージ)をした際には、イオンSuicaで貯まる「ときめきポイント」が付与されます。
貯めたポイントは再びSuicaにチャージできるので、通常のSuicaを使うよりもお得です。