QRコード決済のTop3サービス比較(楽天ペイ、LinePay、PayPay)コンビニ一覧やおすすめは?

QRコード決済で、Top3(楽天ペイ,PayPay,LinePay)を比較してみました。
各QRコード決済の情報を纏めています。
2018年からQRコード決済がスタートし、利用者が増えています。
Top3サービスを比較して、おすすめのサービスを紹介します。

QRコード決済とは?

スマートフォンを使用した決済方法のひとつで、レジに表示されるQRコードを読み取ることで簡単に決済できます。
種類は豊富で、楽天ペイやPayPayの他にLineが主催するサービスに加え、各種のサービスがあります。
QRコード決済は便利なので人気があります。
QRコードは二次元コードを利用したサービスで、高速読み取りが可能です。
コードの中に様々な情報が含まれ、コードを読み取ることで情報を閲覧することができます。
QRコード決済では、事前にクレジットカードなどに登録しておけば、スマートフォンだけでクレジットカード払いができます。

QRコード決済TOP3のサービスの内容を比較(メリット)

楽天ペイ

楽天ペイは楽天会員の方におすすめな決済サービスで、利用するたびに楽天ポイントが貯まっていく仕組みになっている点で、他のサービスよりもアドバンテージがあると言えるでしょう。楽天ペイの歴史は古く、2008年から利用できるようになっています。元々はPC上で利用するものでしたが、現在ではQRコードの読み取りで決済できるようになっており、機能的になりました。

LinePay

LinePayはLINEを利用している方であれば、誰でもすぐに利用することができる点で良いでしょう。特に利用するたびにポイントが貯まっていく点も楽天ペイと同様に魅力的です。
Line Payのメリットは、チャージ式になっている点があります。事前に指定したアカウントにお金を入金しておく手間がありますが、Line Payの残高以上に使わないようにすることができるようになっているので、使いすぎを防止できます。

PayPay

PayPayはポイントの還元率が非常に高い点で優れているでしょう。利用できる店舗は非常に多く、家電量販店やコンビニエンスストアの他に、飲食店などもあります。
利用できる店舗が非常に多いだけでなく、クレジットカードとの連携によって決済をスムーズに行うことができるメリットがあります。
利用者が多いサービスはPayPayであるという見方が強いです。

QRコード決済TOP3のサービスの内容を比較(おすすめは?)

楽天ペイ・PayPay・Line Payなど現在たくさんのQRコード決済システムがあります。たくさんの種類があることで、どのサービスを使うのが最も良いか悩むことも多いでしょう。では、どのサービス会社を使うのが最も良いのでしょうか。私は比較するにあたってどの会社が最もお得であるかを比べてみるのが分かりやすいサービスの違いであると考えます。

楽天ペイ

楽天ペイは現在10%ポイントバックのキャンペーンを行っています。また、楽天ペイ自体はたくさんのネット上のお店で使えることは非常に高評価な点であります。普段から楽天カードで買い物をしており、楽天ポイントを貯めている人にとっておススメであります。他にも様々な会社でQRコード決済が取り扱われておりますが、上3社に比べると知名度は低くあまり還元率が高いとも聞かないためおススメであるとは言えません。
楽天では2019年3月から楽天ポイントカード機能や送金機能が統合されています。
楽天ペイのアプリで楽天関連のサービスをすべて利用できるので便利です。
楽天ペイで支払いをすると、登録したクレジットカードだけでなく、楽天スーパーポイントも貯まります。支払い方法は3種類ありますが、QRコードを表示する方法とQRコードを読み取る方法で支払う人が多いです。

Line Pay

Line PayはPayPayほどの還元はありませんでしたが、ついに大規模な300億キャンペーン(2019/5/20-29)を開始しました。しかし不定期に配られる50%offのクーポンや初回1000円チャージで500円還元など、ちょっとした割引のクーポンなどがPayPayよりも割引率が高い印象です。また先日から1000円をただで配布するイベントを行っており、今一番熱い会社です。しかし、普段の買い物でうまくクーポンを使えない限りPayPayほどの還元もなくお得なクーポンを利用することを前提で使うときに真価を発揮するのがLine Payと言ったところでしょう。
Line Payはコードを読み取ることで支払いが完了します。
加盟店にQRコードかバーコードを見せるだけで、簡単に支払いを済ませることができるので便利です。

PayPay

PayPayは言うまでもなく20%還元キャンペーンで有名な会社です。またやたら当たるくじなどのサービスもあり非常にコストパフォーマンスが高い会社です。これほどの還元率は他の会社ではなかったので、普段日常で使うには最も適した会社であったでしょう。
PayPayは、ソフトバンクとヤフーが合併して設立されたPayPay株式会社の電子決済サービスになります。
インドの大手企業Paytmと連携し、2018年10月からサービスがスタートしています。
PayPayはスマートフォンにアプリをインストールすれば、簡単にQRコード決済が利用できます。PayPaにはクレジットカードと連携して支払う機能もあります。
PayPayの支払い方法は2種類あり、ひとつは店舗に設置されたQRコードをスマートフォンのカメラで読み取って金額を入力する方法です。
もうひとつの方法は、スマートフォンに表示されるバーコードを店員に見せて読み取ってもらいます。加盟店であれば、どのショップでもスマートフォンだけで支払いが可能です。
PayPayは個人間送金も可能で、相手のバーコードを読み取るか電話番号を指定することで送金が完了します。

QRコード決済の感想

面倒な手続きを経由しなくてすぐに利用できるという点では、Line Payが優れていると言えるでしょう。
楽天ペイは楽天会員の方には有効なサービスではありますが、そうでない場合は、決済時にポイントが貯まらないのであまりメリットはありません。よって、万人受けできるLine Payがおすすめであると言えます。
私は日々のコンビニで使用するQRコード決済はPayPay、クーポンなど不定期の割引を使用するときはLine Payを使うことが最も効率が良い使用方法かもしれません。

QRコード決済のコンビニの店舗一覧

楽天ペイ

関連記事【店舗一覧】楽天ペイのコンビニでの使い方は?QRコード決済とは

LinePay

関連記事【店舗一覧】LINE PAY のコンビニでの使い方は?QRコード決済とは

PayPay

関連記事【店舗一覧】PayPayのコンビニでの使い方は?QRコード決済とは

セディナカードJiyu!da!、新規入会キャンペーンです。
セディナカードJiyu!da!
《特徴》
・年会費無料
・毎月の支払額/支払い方法が自由に決められる!
余裕があるときにはいつでも好きな金額をお支払いできます。
・ハローキティデザインもご用意

セディナカードJuyu!da!の評判は?

場所やシーンを選ぶことなく、何時でも普段遣いができると評判です。
ショッピングだけでなく、飲食店でも使えるお店が多いですから、常に持ち歩いてメインのカードとしても活用できます。
身近なお店に限らず旅行先でも使えるので、そういったところも評判となっています。
基本情報として、入会金や年会費は永久無料ですから、気軽に作れて便利に使える点が魅力だと思われます。
一方ではカード会社が選べるのもポイントで、自分の好きな会社が選べることがポジティブな評判を更に高めます。
ネットショッピングが中心の人の間では、ポイントの還元率の高さが好評です。
実店舗と同じく、やはりネットショッピングでも使えるお店の豊富さが強みで、それが利便性をアップさせています。
若い利用者層はコンビニの利用率が高いですが、指定のコンビニで買い物をすると多めにポイントがつきますから、そういう部分も評価されます。
他にも、キャンペーンの開催が頻繁で、割と還元の魅力が享受できる機会が多いと評判になっています。
年会費も家族カードも、初年度と2年目以降を問わず無料ですし、ETCカードも税抜1千円の発行手数料を除いて、2年目以降も無料です。
更に、各種公共料金の引き落としに対応で、管理をまとめることができますから、煩雑になりがちな毎月の支払いが楽になります。
好きな時に好きな分だけ支払えたり、毎月の支払額が決められるなど、文字通り使う人によって自由に使えるカードです。



ROLEX、HUBLOT、OMEGAなど人気のメンズブランド腕時計を月額制でレンタルする日本初のサービスです。