WAON オートチャージとは?オートチャージ機能付きクレジットカードとは?(設定方法など)

WAON オートチャージとオートチャージ機能付きクレジットカードに関して調べてみました。
WAON(電子マネー)はプリペイド型(前払い)になります。

オートチャージ機能とは

最近ではSUICA、楽天edy、WAONなど様々な電子マネーが流通していますが、電子マネーには大きく分けてプリペイド型(前払い)とポストペイ型(後払い)の2種類があります。

プリペイド型:SUICA、PASMO、ICOCA、楽天Edy、WAON、nanacoなど
ポストペイ型:Quickpay、iDなど

ほとんどの電子マネーはプリペイド型に属するのですが、使用前に電子マネーを現金やクレジットカードからチャージが必要となり、これを電子マネーチャージと呼びます。

チャージを忘れたまま電子マネーを使用すると、エラーとなったり、支払い時に残高不足で引っかかったりしてイライラしたり少し恥ずかしい思いをしてしまいます。

これを防ぐために、残高が一定額以下になった段階で自動的に電子マネーをチャージしてくれる便利な機能として、「オートチャージ機能」があります。オートチャージはクレジットカード情報と紐づけられ、オートチャージの利用額は毎月のカード請求と一緒に請求されます。

WAON オートチャージとは

WAONにチャージする方法は現金・クレジットカード・オートチャージなどの方法があります。
現金を使用する際はイオンのお店やファミリーマート、ミニストップのレジで行う事が出来ます。

ICカード読み取り部にカードを置き、いくら分チャージしたいかを伝えます。そして現金を支払うだけで完了します。また、イオンのお店に設置されているWAONチャージャーでも行う事が出来ます。

読み取り機にカードを置くと、自動的に残高照会が行われます。その際、現金かクレジットカードを使用したチャージ方法を選択できるのです。金額は1000円、2000円、5000円、10000円単位で行われます。

この他にイオン銀行設置のATMからでも行う事が可能です。カード読み取り部にタッチし、暗証番号を入力します。そしてチャージする金額を選択するだけです。この機会では現金、クレジットカード、銀行口座から入金することが出来る為、幅広い方法に対応しています。

クレジットカードを使用する場合は、指定されたカードを利用して入金が出来るクレジットチャージが行えます。使用出来るのはイオンカードやWAONカードプラス、イオンJMBカードなどです。この方法以外にWAONチャージャーやイオン銀行ATM、WAONステーション、ネットステーションなども利用出来ます。

WAONオートチャージとは、支払後のWAON残高が設定金額未満になると事前に指定した金額が入金される仕組みのことです。それに加え、事前に「オートチャージ申請」をする必要があります。またイオンカードセレクトやイオン銀行キャッシュ+デビット、JMBWAONカード、JALカードを持っていると他カードよりもお得に利用できます。

何故なら、200円当たりの利用合計が通常1ポイントとなりますが、これらを使用すると2倍の2ポイントとなるのです。更にWAONを利用した際200円で1ポイント、オートチャージの利用200円で1ポイントが付きます。その為、オートチャージを利用すると自然とポイントが付く上に、自分でチャージする手間を省くことが出来るのです。

オートチャージの特徴

✓毎回チャージする手間がなくなる

オートチャージの最大のポイントはキャッシュレスな支払いという点にあります。

現金からチャージする場合はWAONならWAONステーションやコンビニ等で、使用前に毎回チャージしなければなりません。現金を使わずスマートに支払いをするのが電子マネーの本来の目的ですので、毎回現金をチャージしてから使っていてはあまりスマートとは言えません。

✓残高不足を心配せずに使える

money-494160_1920

オートチャージでは電子マネー残高が一定額以下になると、あらかじめ設定しておいた金額が自動的にチャージされます。

オートチャージ発動の残高やチャージ金額は自由に設定できます。例えば、「WAONの残高が1000円未満になったら、3000円分チャージする」設定で、残高が850円になった場合、3000円がチャージされWAON残高は3850円となります。

✓クレジットカードポイントが貯まる

piggy-bank-970340_1920

オートチャージの利用代金は指定のクレジットカードへと毎月請求されます。

「一ヶ月に3000円オートチャージを4回行えば、12000円の請求がくる」といった具合です。このとき、チャージ金額はクレジットカードの利用分としてカウントされるので、ポイント還元率に応じたカードポイントが貯まります。

イオンカードを使用した場合200円当たりの利用合計が通常1ポイントとなりますが、WAONオートチャージ機能を利用した際、クレジットカード利用が200円で1ポイント、オートチャージの利用200円で1ポイントが付きます。実質2倍のポイントになります。

✓使いすぎのリスク、盗難リスクがある

オートチャージは「便利な反面、どれだけ使用したのか見えづらくなる」といったリスクがあります。

現金でチャージしていると「何となく今月はチャージ回数が多い気がする、、、」など体感的に気付くときもあります。また、電子マネーを盗難されてしまうと、不正に使用されてしまうリスクもあるため、電子マネーの紛失した場合は速やかに管理会社へ問い合わせて使用を停止させる必要があります。

こうしたリスクを回避を軽減するには、各電子マネーに設けられているモバイルサイトを活用するのがおススメです。モバイルサイトでは電子マネーの使用実績や残高をリアルタイムでチェックできるため、オートチャージ使用時はセットで使っておくと良いでしょう。

WAONのオートチャージ設定

maxresdefault

WAONのオートチャージ設定は、

①WAONステーション
②イオン銀行ATM
③WAONネットステーション

の3種類から行うことができます。以下、それぞれの設定方法について解説します。

①WAONステーションのオートチャージ設定

WAONステーションとは、WAONの残高照会やポイント管理ができる水色の端末で、イオングループのスーパーなどの店頭に設置されています。WAONカードとクレジットカードの2つを持参していきましょう。

(1)WAONステーションのトップ画面から「各種設定・変更」⇒「オートチャージ設定・変更」へと進みます
(2)WAONカードをセットし、オートチャージの金額などを設定します
(3)チャージ用のクレジットカードを端末に挿入して完了です(希望すればレシートを受け取ることもできます)

・WAONステーションの詳しい手順はこちらから(WAONステーション)

②イオン銀行ATMのオートチャージ設定

イオン銀行ATMは全国のイオンスーパー、マックスバリュー、ミニストップなどに設置されています。(イオン銀行ATMを探す)

イオン銀行ATMによるオートチャージ設定は、WAONステーションのときとほぼ同様で、「WAONカード+クレジットカード」を持参し、ATM端末のガイドに沿ってオートチャージの金額や条件を設定し、クレジットカードとの紐づけを行います。

③WAONネットステーションのオートチャージ設定

WAONネットステーションとは、WAONユーザー向けのオンラインページで、WAONの利用実績や残高をチェックしたり、ポイント管理を行うことができます。このオンラインページからオートチャージ設定も可能ですが、その際は「パソリ端末(非接触ICカードリーダー)」が別途必要となります。

・WAONネットステーショントップ画面(WAONネットステーション)

(1)WAONネットステーションのトップページから「各種変更手続き」⇒「オートチャージの申請」へと進みます
(2)パソリ端末にWAONカードをセットする
(3)クレジットカードの情報、オートチャージ設定(金額や条件など)、メールアドレスの登録を行います
(4)「オートチャージ設定の手続き完了」の画面が表示されたら、無事に設定は完了です

・WAONネットステーションの操作方法(WAONネットステーション)

イオンカードセレクト(WAONオートチャージ機能付き)

年会費 無料
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
ポイント名 ときめきポイント
ポイント還元率 0.50%
マイル貯まる ×
空港ラウンジ ×
電子マネー機能 WAON
付帯保険 カード盗難保険
ETCカード 無料
相性の良い店舗 イオン/イオンスタイル/イオンモール/マックスバリュ/ザ・ビック/イオンスーパーセンター/ダイエー/グルメシティ/ピーコックストア/KOHYO/マルナカ/ホームワイド

メリット

✓クレジットカード×電子マネーWAONの2つの機能が1枚のカードに
✓全国のイオンで毎月20,30日は5%オフ、5,15,25日はポイント2倍となる

WAONの利用で200円/1ポイント

オートチャージの利用で200円/1ポイント

200円あたりの利用で2倍のポイント

関連記事イオンの支払方法やお得情報