【簡単!便利!】TOICAにコンビニでチャージする方法は (セブンイレブン、ローソン、サークルKなど)

TOICAにチャージができるコンビニは?

コンビニ名 チャージ
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルK
ミニストップ
スリーエフ
デイリーヤマザキ
コミュニティストア
Seico Mart
Lawson Store 100
New Days

※店舗によって一部対応していない場合があります。

【簡単!】コンビニでTOICAにチャージする手順は

どこのコンビニでも、チャージ用の専用端末はレジに置かれているので、

まずはレジへ行き、

店員さんに

「TOICAにチャージしたい」

と伝えましょう。

チャージできる金額単位は1,000円から、10,000円までとなっています。

レジでのチャージの流れは、

①専用端末にトイカカードを置く
②画面に表示された金額からチャージ額を選択する※
③選択した金額を現金で支払う

※1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円から選択

で完了です。

1分もあればチャージ完了です。簡単ですね。

なお、どこのコンビニも、チャージの支払いは”現金のみ”となっていることが多いため、

現金はお忘れなく。

コンビニ以外でもTOICAにチャージできる場所

TOICAはコンビニ以外でも、スーパーやショッピングセンター、家電量販店、ドラッグストアなどでも、チャージが可能です。

スーパー・ショッピングセンター

 

店舗名 チャージ
イオン
ピーコックストア
まいばすけっと
アピタ
ピアゴ

 

家電量販店

 

店舗名 チャージ
ビックカメラ
コジマ
ソフマップ

 

ドラッグストア

店舗名 チャージ
ツルハドラッグ
くすりの福太郎
ESSO

※店舗によって一部対応していない場合があります。

TOICAはオートチャージ未対応、、、今後の対応に期待

オートチャージ機能とは電子マネーへの入金額が一定以下になると、

バスや市電の車載器や電車の改札機にタッチするだけで、

自動的にチャージされる便利な仕組みです。

例えば、「1,000円以下になったら5,000円分チャージする」と設定しておくと、

残高が800円になった場合は5,000円分がチャージされ

「800円+5,000円=5,800円」が電子マネーの残高となります。

駅やコンビニでチャージする手間もなく、便利なサービスですが、

TOICAは現状、オートチャージには対応されていません。

東海エリアで生活する人の中には、オートチャージに対応している、

JR東日本のSUICAを使っている方も多いようです。

TOICAの今後の対応に期待したいですね。

TOICAの解約・払い戻しの手続きは

・払い戻しができる場所

東海エリアでTOICAを扱っている駅へ行き、改札の窓口や精算所にて、手続きを行います。

・払い戻しに必要なもの

払い戻しをするTOICAカードだけでOKです。

・払い戻し額の計算方法

TOICAは払い戻しの際に、デポジットの500円が返却されるほか、

払い戻し手数料として220円がカードの残高から差し引かれます。

例えば、カードに1,000円の残高が残っている場合、

1,000円(カード残高) – 220円(手数料) + 500円(デポジット)= 1,280円(受取額)

となります。

なお、手数料220円は、カード残高が220円以下の場合は、

差し引かれず、デポジットの500円だけが返金されます。

ですので、TOICAの解約時には、

カード残高は220円以下まで使い切ってから、手続きを行うのが良いですね。

カードのポイント無駄にしてませんか?

いま使っているクレジットカード、ポイントは貯まりやすいカードですか?

無料で発行できるカードでも、ポイントが貯まりやすいものとそうでないものがあります。

管理人の場合、カードの支払いが1ヶ月に8万円ほどあるのですが、使うカードを切り替えたことで、去年は12,000円分のポイントが貯まりました。

12,000円あったら何に使いますか?

ポイントを効率よく貯めて、ちょっとした贅沢に使えるといいですね^^

2018年版:ポイント還元率が高いカードを確認する