【店舗一覧】 メルペイ コード払いできるコンビニとそのやり方は?(セブンイレブン、ローソン、ファミマなど多数)

どこのコンビニでメルペイを使用できるのか?
このページでは、メルペイコード払いができるコンビニや店舗についてまとめています。

メルペイは日本国内でコード払い決済を開始しました。店舗でコードを読み込み使用します。

メルペイコード決済ができるコンビニは?

コンビニ名 コード支払い
セブンイレブン ×
ローソン
ファミリーマート ×
ミニストップ
デイリーヤマザキ ×
ポプラ ×

※店舗によって一部対応していない場合があります。

【簡単!】コンビニでコード決済を使用する方法とは

どこのコンビニも、チャージ用の専用端末はレジに置かれているため、同じような手順となります。

メルペイをコンビニで使用するまえに、メルペイのアプリを入れる必要があります。

設定はメルペイ サイト上で進めていきます。

また、支払いするためのクレジットカードをアプリに設定する必要があります。

まずはレジへ行き、店員さんに

「メルペイで支払いしたい」

と伝えましょう。

レジでの流れは、コードをアプリで表示

お店のコードリーダーで読み取りで完了です。

1分もあれば支払い完了です!

簡単ですね。

コンビニへ行くにもお財布を持たずに、携帯だけでお買い物ができるようになります!

少額支払いでも、小銭の用意もいらないので、小銭いれも必要なく、スムーズに支払いができます。

コンビニ以外でもコード決済できる場所

メルペイはコンビニ以外でも、スーパーやショッピングセンター、家電量販店、ドラッグストアなどで、利用可能となっています。

JapanTaxi
松屋
クスリのアオキ
カラオケBIG ECHO

大手コンビニ、スーパー、百貨店はOrigami PAY QRコード決済未対応も多い、、、今後の拡大に期待

セブンイレブン、などのコンビニ大手は、

メルペイに対応していなかったり、その他コンビニでも対応していても一部店舗に限定されていたりと、

まだまだ十分に普及はしていないようです。

今後、普及が進んでいくことに期待したいですね。

コンビニでのQRコード決済とは?

QRコードは、ある特殊な形になっており、それをバーコードで読み取ることで認証ができる
ものをいいます。これを利用すれば、バーコードと同じ働きがあるだけでなく、様々なとこ
ろで利用できる点に大きな魅力があるといえるでしょう。


従来ならば、バーコードを利用していましたがバーコードはその店でしか適応されるものでは
ありません。お店では、各商品のバーコードを登録しており、登録された商品をスキャナーで読み取りこれにより価格などが分かりますが、そのお店のそとに出てしまうと、そのバーコードが使えない可能性があります。

例えばスーパーの商品をコンビニに持っていって登録していない状態でスキャナーを使って読み込んだとしても、反応がないことが分かるはずです。

このような場合にはハーコードでは不便ですので、QRコードを利用するわけです、QRコードがより発展したので、QRコード決済といわれるものが存在しています。QRコード決済はそのQRコードを読み取ることで、お金の決済ができてしまう点に大きな魅力があるといえるでしょう。

お金を持ち歩く必要がないだけでなく、特定の店外でも利用することができるために便利です。これを積極的に取り入れているところの一つはコンビニになります。

コンビニは、一昔前と異なり様々決済方法を取り入れていますが、メルペイもコンビニでQRコード決済できるように適応しているのが基本です。
コンビニでのQRコード決済は、どのような仕組みになっているかといえば、スマートフォンにQRコードが表示されるようになっておりそれをコンビニにで使用すれば、一切お金を出さなくても支払いができてしまう仕組みになるわけです。

実はこれを利用するコンビニは増加している傾向があります。
やはり、現金を持ち歩かなくてよい為、気軽に支払うことができる点が大きな魅力といえます。
お店側も、現金を取り扱わなくてよい為、レジに無駄にお金をいれておかなくてもよくなってきます。

やり方さえ理解できれば、決して難しいものではないですので、ある程度のお店のスタッフを訓練すれば、確実にできる
ようになるものです。このように両者の使いやすさからQRコード決済を取り入れる店舗が増えているといえるでしょう。

その場で割引することができる点も、利用者としては見逃すことはできません。スマートホンのアプリを導入すれば
簡単に利用することが可能ですので、もし気になる場合には積極的に使用してみるといいですね。

関連記事【店舗一覧】楽天ペイのコンビニでの使い方は?QRコード決済とは

関連記事【店舗一覧】LINE PAY のコンビニでの使い方は?QRコード決済とは

関連記事【店舗一覧】PayPayのコンビニでの使い方は?QRコード決済とは

セディナカードJiyu!da!、新規入会キャンペーンです。
セディナカードJiyu!da!
《特徴》
・年会費無料
・毎月の支払額/支払い方法が自由に決められる!
余裕があるときにはいつでも好きな金額をお支払いできます。
・ハローキティデザインもご用意

セディナカードJuyu!da!の評判は?

場所やシーンを選ぶことなく、何時でも普段遣いができると評判です。
ショッピングだけでなく、飲食店でも使えるお店が多いですから、常に持ち歩いてメインのカードとしても活用できます。
身近なお店に限らず旅行先でも使えるので、そういったところも評判となっています。
基本情報として、入会金や年会費は永久無料ですから、気軽に作れて便利に使える点が魅力だと思われます。
一方ではカード会社が選べるのもポイントで、自分の好きな会社が選べることがポジティブな評判を更に高めます。
ネットショッピングが中心の人の間では、ポイントの還元率の高さが好評です。
実店舗と同じく、やはりネットショッピングでも使えるお店の豊富さが強みで、それが利便性をアップさせています。
若い利用者層はコンビニの利用率が高いですが、指定のコンビニで買い物をすると多めにポイントがつきますから、そういう部分も評価されます。
他にも、キャンペーンの開催が頻繁で、割と還元の魅力が享受できる機会が多いと評判になっています。
全国チェーンのダイエー、イオングループなどのスーパーでは、ポイントが3倍になることが魅力の1つです。
普段高頻度でこれらのお店を利用する人であれば、何気ない買い物の度に高還元のポイントが手に入るわけです。
入会金も年会費も無料なのに、カードを作って支払いに使うだけでお得が手に入りますから、セディナカードJuyu!da!の注目が集まり評判なのも頷けます。
支払い方法の豊富さもまたセディナカードJuyu!da!の良さで、高額商品に役立つ2回払いや自由度の高い分割払いに、ボーナス一括払いも選択可能です。
毎月の負担が抑えられるとのことで、いわゆるリボ払いが選べる点も評価の対象です。
また、初めてカードを作る20代~30代に加えて、40代や50代以上の人でも作ることができたり、活用が行えると話題になっています。
改めて確認する分かるのは、セディナカードJuyu!da!はSMBCグループの株式会社セディナ提供の商品で、VisaやMasterとJCBに対応することです。
高校生を除く18歳以上の申し込みが可能で、審査からカード発行までの期間は約1週間と、早く利用を始められるのがポイントです。
年会費も家族カードも、初年度と2年目以降を問わず無料ですし、ETCカードも税抜1千円の発行手数料を除いて、2年目以降も無料です。
法人カードの提供はないので、実質的に個人向けとなっていますが、その分個人に便利な支払い方法やポイント還元が受けられます。
マイレージや付帯保険・補償サービスもありますから、旅行や高額商品の購入でも安心感が得られます。
更に、各種公共料金の引き落としに対応で、管理をまとめることができますから、煩雑になりがちな毎月の支払いが楽になります。
好きな時に好きな分だけ支払えたり、毎月の支払額が決められるなど、文字通り使う人によって自由に使えるカードです。