ガス代の支払いには電子マネーやクレジットカードがおススメ。(セブンイレブンのnanaco,ミニストップのwaonなど)

ガスの支払いや引き落としの際の電子マネー(nanaco,Waon)やクレジットカードの利用方法に関して調べてみました。

ガス代の支払い情報(電子マネー)

ガス代はコンビニ払いがおススメと聞くと、疑う人も多いと思います。

基本的にはガス代の支払いは、口座引き落としかクレジットカード払いの方が多いです。

では、どうしてコンビニ払いがおススメなのでしょうか?

ガス代のコンビニ支払いと、対応しているコンビニ&電子マネーのポイント

電子マネー

nanaco セブンイレブンのみ対応可能。
waon ミニストップのみ対応可能

実はセブンイレブン、ミニストップでは公共料金(電気、ガス)を提携電子マネーで支払い可能です

支払いを「払込書」を受領してコンビニ払いにすることで、nanaco,waonで支払うことができます。

おススメなポイント

電子マネーで公共料金を支払う場合はポイントの加算はありませんが、nanaco,waonの場合

事前にチャージ用のクレジットカードを登録しておけば、電子マネーで公共料金を支払いした場合でも、ポイントを貯めることができます。

チャージ用のクレジットカードは提携カードでないとポイント加算できませんので注意が必要です。

 

ガスでのおススメ支払い方法は

ガス代の支払い方法は以下の3種類です。

(支払い方法)

①「口座振替による支払い」

指定の預金口座から毎月のガス料金を自動的に引き落とす支払い方法です。

金額と支払日は東京ガスからハガキで郵送されてくる「検針票」に記載されています。

口座振替では毎月ガス料金から54円が割引されるほか、

ガス料金確定日の翌日~30日以内であれば、

引き落とし日を自由に指定できる「指定日口座振替サービス」を利用できます。

②「クレジットカードによる支払い」

クレジットカード会社がガス料金を立て替え、後日カード会社から個人へ請求される支払い方法です。

毎月のカード利用明細内にガス料金が含まれて請求されます。

最初に支払い方法を設定すれば、毎月のカード代の一部として引き落とされるため、毎月の手続きは特に必要ありません。

クレジットカード利用による「クレジットカードポイント」を貯めることが利点。

貯めたポイントは電子マネーや航空マイルといった使い道もあります。

③「払込書による支払い」

東京ガスから郵送されてくる「払込書」をコンビニや金融機関へ持参して支払う方法です。

コンビニや金融機関で支払う際は基本的に「現金払い」となります。

セブンイレブンで支払うときのみ電子マネー「nanaco」の利用が可能です。

払込書による支払いでは、支払期限を過ぎると「遅延利息」や「ガス停止」といった事態につながるので注意が必要です。

おススメの支払い方法はクレジットカードポイント還元が受けられる

「②クレジットカードによる支払い」です。

ガスの支払いにかかわるおトク技

ガスと電気をまとめて使うとお得

2016年4月から電力自由化に伴い、電気の供給サービスもスタート。

それに併せて、

「ガス、電気、その他サービス(インターネットなど)」

をセット割で申し込める

「***プラン」

を開始しました。

ガスや電気を同時に申し込むことで、年間9200円の節約も可能となります。(https://request.tokyo-gas.co.jp/power/req/index.html)

セディナカードJiyu!da!、新規入会キャンペーンです。
セディナカードJiyu!da!
《特徴》
・年会費無料
・毎月の支払額/支払い方法が自由に決められる!
余裕があるときにはいつでも好きな金額をお支払いできます。
・ハローキティデザインもご用意

セディナカードJuyu!da!の評判は?

場所やシーンを選ぶことなく、何時でも普段遣いができると評判です。
ショッピングだけでなく、飲食店でも使えるお店が多いですから、常に持ち歩いてメインのカードとしても活用できます。
身近なお店に限らず旅行先でも使えるので、そういったところも評判となっています。
基本情報として、入会金や年会費は永久無料ですから、気軽に作れて便利に使える点が魅力だと思われます。
一方ではカード会社が選べるのもポイントで、自分の好きな会社が選べることがポジティブな評判を更に高めます。
ネットショッピングが中心の人の間では、ポイントの還元率の高さが好評です。
実店舗と同じく、やはりネットショッピングでも使えるお店の豊富さが強みで、それが利便性をアップさせています。
若い利用者層はコンビニの利用率が高いですが、指定のコンビニで買い物をすると多めにポイントがつきますから、そういう部分も評価されます。
他にも、キャンペーンの開催が頻繁で、割と還元の魅力が享受できる機会が多いと評判になっています。
年会費も家族カードも、初年度と2年目以降を問わず無料ですし、ETCカードも税抜1千円の発行手数料を除いて、2年目以降も無料です。
更に、各種公共料金の引き落としに対応で、管理をまとめることができますから、煩雑になりがちな毎月の支払いが楽になります。
好きな時に好きな分だけ支払えたり、毎月の支払額が決められるなど、文字通り使う人によって自由に使えるカードです。



ROLEX、HUBLOT、OMEGAなど人気のメンズブランド腕時計を月額制でレンタルする日本初のサービスです。