九州(福岡エリア)の地下鉄やバスでSuicaの支払いやチャージができるのか調べました!(Pasmo/Icocaにも対応)

九州でもSuicaをそのまま使用できるのか?

結論から言えば、ほとんどの交通機関ではSuica対応となっています。

このページでは、九州でSuicaの支払いやチャージができる路線(電車・バス)や店舗についてまとめています。

※PasmoやIcocaについても、Suicaに対応している場所では同じように利用することができます。

九州でSuica(Pasmo・Icoca)が使える路線

支払い チャージ
JR九州
西鉄,筑豊電鉄
西鉄バス
昭和バス
JRバス
福岡市営地下鉄

 

Suicaは九州内のSUGOKA、nimoca、はやかけんエリアの各線に対応している

SUGOKA、nimoca、はやかけんはそれぞれ九州内で利用されている交通系電子マネーです。

Suicaはこれらの電子マネーと対応しているため、各線のエリア内ではいつもと同じようにSuicaを使い、交通機関を利用することができます。

各電子マネーの対応エリアについては、以下の公式ページからもご確認いただけます。

参考リンク

・SUGOKAの利用可能エリア (SUGOCA公式ページ)
・nimocaの利用可能エリア (nimoca公式ページ)
・はやかけんの利用可能エリア (はやかけん公式ページ)

九州でSuicaにチャージするには

Suicaへのチャージは、駅構内の券売機や窓口のほか、バス乗り場や車内、コンビニなどの店頭でも行うことができます。

チャージの手続きは通常のSuicaへのチャージと同じ流れとなります。

九州での主なチャージスポットは以下の通りです。

①交通機関でチャージできる場所
みどりの窓口
JR券売機
地下鉄券売機
チャージ機
バス営業所
バス車内

 

②店頭でチャージできる場所
セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
サークルKサンクス
セイコーマート
イオン
マックスバリュー
ツルハドラッグ
サツドラ
ビックカメラ
コジマ
ソフマップ

 

以下のマークがついている場所ではSuicaにも対応しているため、街中などで利用可能な場所を探すときの目印となります。

 

九州でSuicaを利用するときに気を付けたいこと

九州でも基本的にはSuicaに対応している場所は多いですが、利用にあたって注意しておきたいこともあります。

①エリアをまたいでの移動はできない

SUGOKA、nimoca、はやけんはのエリアに対応しているSuicaですが、各エリアをまたがって移動することはできません。

(SAPICAエリアにSuicaで入場し、そのままKitacaエリアへ乗り換えるなど)

エリア間をまたぐ移動の場合は、再入場をする必要があります。

②Suicaに付いているオートチャージ機能は利用できない

Suicaのオートチャージ機能は、SUGOKA、nimoca、はやかけんはなどSuica以外のエリアでは利用することができません。

残高が一定額以下となったときも自動的にチャージはされないため、残高不足とならないように注意が必要です。

③紛失や故障時の再発行ができない

九州でSuicaの紛失や故障があった場合、SUGOKA、nimoca、はやかけんなどのエリアでは再発行手続きができません。

この場合はSuicaエリアに戻り、再発行の手続きを行う必要があります。

Suicaは九州でも問題なく利用できる

2013年から始まった交通系電子マネーの相互利用サービスによって、Suicaは関東圏に限らず、全国各地の路線でも利用が可能となりました。

九州内ではSUGOKA、nimoca、はやかけんといった電子マネーが主流ですが、Suicaについても問題なく使用することができます。

電車のほか、バスや路面電車でも利用できますので、便利に活用していけるといいですね。

・関連記事 (【店舗一覧】SUICAにチャージできるコンビニとそのやり方は?)

・関連記事 (【店舗一覧】ICOCAのチャージできるコンビニとそのやり方は?)

・関連記事 (【簡単!便利!】PASMOにコンビニでチャージする方法は?)

セディナカードJiyu!da!、新規入会キャンペーンです。
セディナカードJiyu!da!
《特徴》
・年会費無料
・毎月の支払額/支払い方法が自由に決められる!
余裕があるときにはいつでも好きな金額をお支払いできます。
・ハローキティデザインもご用意

セディナカードJuyu!da!の評判は?

場所やシーンを選ぶことなく、何時でも普段遣いができると評判です。
ショッピングだけでなく、飲食店でも使えるお店が多いですから、常に持ち歩いてメインのカードとしても活用できます。
身近なお店に限らず旅行先でも使えるので、そういったところも評判となっています。
基本情報として、入会金や年会費は永久無料ですから、気軽に作れて便利に使える点が魅力だと思われます。
一方ではカード会社が選べるのもポイントで、自分の好きな会社が選べることがポジティブな評判を更に高めます。
ネットショッピングが中心の人の間では、ポイントの還元率の高さが好評です。
実店舗と同じく、やはりネットショッピングでも使えるお店の豊富さが強みで、それが利便性をアップさせています。
若い利用者層はコンビニの利用率が高いですが、指定のコンビニで買い物をすると多めにポイントがつきますから、そういう部分も評価されます。
他にも、キャンペーンの開催が頻繁で、割と還元の魅力が享受できる機会が多いと評判になっています。
年会費も家族カードも、初年度と2年目以降を問わず無料ですし、ETCカードも税抜1千円の発行手数料を除いて、2年目以降も無料です。
更に、各種公共料金の引き落としに対応で、管理をまとめることができますから、煩雑になりがちな毎月の支払いが楽になります。
好きな時に好きな分だけ支払えたり、毎月の支払額が決められるなど、文字通り使う人によって自由に使えるカードです。