iDが貯まるクレジットカードやiDを使えるコンビニとは(セブンイレブン、ローソン、ファミマなど多数)

iDの基本情報

発行元 NTTドコモ
利用可能店舗数 約59.3万店
使えるお店 (コンビニ):セブンイレブン/ローソン/ファミリーマート/サークルKサンクス/ミニストップ
(その他):マクドナルド/イオン/ビブレ/ららぽーと/グランフロント大阪/なんばウォーク/紀伊国屋書店/GEO/家電量販店など
相性の良いポイント dポイント、Pontaポイント
マイルへの交換 5000Pにつき、2500JALマイルに交換可能

iDの特徴

「ポストペイ型」の電子マネー

従来の電子マネーは、事前に電子マネーをチャージしてから利用するのが常識でしたが、

「iD」は利用分を後から支払う「ポストペイ型」の電子マネーです。

チャージの手間、ポイントのため忘れの心配がなく、さらに便利になった電子マネーといえます。

ドコモポイントが進化して誰でも使えるようになった

かつてはドコモユーザー向けだったドコモポイントが、dポイント、iD電子マネーとして、

誰も利用できるようになりました。

dポイントはPontaポイントとも相互交換可能なので、利用しやすさも◎です。

ロック機能付で紛失時でも安心

「カードをなくした、スマホを置き忘れてしまった..」

そんな場合でもiDには「ICカードロック機能」や

遠隔操作できる「おまかせロック機能」により、すぐに利用を停止することができるので安心です。

コンビニはどこでもOK、利用範囲も広い

セブンイレブン/ファミマ/ローソンをはじめメジャーなコンビニは網羅しつつ、

マクドナルド、イオン、家電量販店など使用機械の多い店舗も広くカバーしているので、

使い勝手が優れている。

iDはこんな人に向いている

・チャージの手間なく電子マネーを使いたい
・ドコモユーザーである
・飛行機はJALの利用頻度が多い
・Pontaポイントを貯めている

iDを使うには

カードタイプで利用する

①「iD」掲載のクレジットカードを用意する

「dカード」は年会費無料で、100円利用ごとに1P貯まり還元率が良いのでおススメ。

他にも「三井住友VISAカード」、「LIFEカード」、「セゾンカード」などの

発行しているカードもiDに対応しています。

②利用額の支払い

iDは「後払い型」の電子マネーであるため、利用額は登録したクレジットカードへと請求されます。

おサイフケータイで利用する(※ドコモのおサイフケータイ端末のみ)

①「後払い決済」用のクレジットカードを用意する

iDに対応したクレジットカードを用意します。おススメカードは上記参照。

②「iDアプリ」をダウンロードし設定する

①アプリを起動し「スタート」ボタンから初期設定ページへ

②決済用のクレジットカードを選択

③カード会社から発行された「アクセスコード」と「パスワード」を入力

の3ステップで設定は完了です。

iDのお得な使い方

Pontaポイントと相互利用

iDとPontaポイントは「1P⇔1P」で相互に交換が可能です。Pontaポイントには、

①複数人でポイントを貯められる「グループポイント」サービス
②LINEスタンプやコインからポイント還元
③リクルートポイントと相互利用可能、

などiDにはないポイントの貯め方ができるので、Pontaポイントで貯めたポイントをiDに交換することで、

使用できるiD電子マネーを効率よく増やしていくことができます。

ドコモ携帯料金からポイント還元

毎月の携帯電話代から、1%がdポイントとして還元され、1P=1円の電子マネーとして利用することができます。

家族でドコモの携帯を使用している場合は、ポイントを一気に貯めていくことができるチャンスです。

iDと相性の良いクレジットカードはこちら

info_img_151201_02

「dカード」

年会費無料、1%ポイント還元で100円につき1P貯まる、

最高で100万まで補償される「ショッピング保険」が付いています。

recruitcard

「リクルートカード」

年会費無料。1.2%ポイント還元の高還元率。

ポイントは「リクルートポイント」として貯まりますが、

「リクルートポイント=Pontaポイント=dポイント」と相互利用をすることで効率よく使っていくことができます。

Suica機能が付いたイオンカードが「イオンSuicaカード」

Suica機能が付いたイオンカードが「イオンSuicaカード」
「Suica」と「イオンカード」が一体に、デポジット無料でSuicaが使える。
▼▼イオンカードお申込みはこちら▼▼
特典1 たまったときめきポイントをSuica(電子マネー)に交換できる
特典2 イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!
特典3 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%OFF

イオンSuicaカードでJR東日本自動改札をスムーズに通過でき、Suicaを使って駅ナカでもお得にお買い物ができます。
また、SuicaとWAONのオートチャージ機能も付いているので、定期的に電子マネーをチャージする必要がないメリットがあります。

イオンSuicaカードの特徴
イオンSuicaカードは、日常的にSuicaを利用するシーンが多く、またイオンでのお買い物をする人にとってメリットが大きいクレジットカードです。
年会費無料で使える点や、オートチャージが付いていることも評判となっています。

Apple Payでさらに快適に利用できます。
イオンSUICAカードはApple Payがつかえるようになっております。
Suicaは、Apple Payに対応しており、iPhoneにイオンSuicaカードを登録することでおサイフケータイとして使えます。
クレジットカード不要で、お持ちのiPhoneをかざすだけで、改札が通過できsuciaでの支払いが可能となります。
また、Suicaのオートチャージ(または手動チャージ)をした際には、イオンSuicaで貯まる「ときめきポイント」が付与されます。
貯めたポイントは再びSuicaにチャージできるので、通常のSuicaを使うよりもお得です。