NTTグループカードで貯まるポイントの確認やおトクな交換方法は?NTT Mylinkを使って、マイルやdポイントへの交換も可能に

NTTグループカードのポイントとは

ポイント名 NTTグループカードポイント
ポイント還元率 0.6%(1000円につき10P貯まるが、1Pの価値は0.6円程度)
ポイント有効期限 ポイント獲得から2年間有効
提携ポイント dポイント、ちょこむポイント
提携マイル ANA
ポイント交換場所 オンライン会員ページ「My Link」から

NTTグループポイント交換の流れ

NTTグループカードには、

①「おまとめキャッシュバックコース」と
②「ポイント・プレゼントコース」

の2種類のサービスがあります。

このうちポイント交換が可能なのは「ポイント・プレゼントコース」の場合のみとなるので、

まずは自身がどちらのコースに登録されているのか確認する必要があります。

コースの確認や変更は、オンライン会員ページ「My Link」から可能です。

ポイント交換は基本的に1,000P以上からとなるので、

「My Link」から自身のポイント残高を確認後、

同じページ内から交換商品を選んで申し込む、といった流れとなります。

対象の商品が手に入るまでにかかる時間は、交換手続き後1ヶ月~程度が目安です。

NTTグループポイントの使い道

ポイントの使い道については、NTT Group Cardの「ポイントプレゼントコース」のページから確認できます。

①景品に交換(おトク度:★★)

ポイント⇒景品への交換は最低3500Pからとなります。

・3500P~
・9000P~
・13000P~
・21000P~

とポイントごとに4つのコースが用意されています。

コースごとの主な景品は以下の通り。

3500P~ 今治タオルハンカチ(3500P)、サーモス真空タンブラー×2(7500P)、象印オーブントースター(8500P)など
9000P~ 魚沼産コシヒカリ5kg(9500P)、エビス缶ビール×24(10500P)、神戸牛450g(12500P)など
13000P~ 電気ケトル(13000P)、象印グリルナベ(15000P)、パナソニック電気シェーバー(17500P)など
21000P~ ポータブルBluetoothスピーカー(23000P)、ルノー折り畳み自転車(35000P)、ガトー空気清浄機(55000P)など

⇒交換景品の種類は全部で30種類程度です。

市場価格と比較してもポイント交換で手に入れるメリットはあまりなく、最低必要ポイントも3500P~とややハードルが高いです。

景品への交換手続きは「My Link」から。

②提携ポイントに交換(おトク度:★★)

NTTグループカードのポイントは、ドコモのdポイント、ちょこむポイントと提携しており、それぞれのポイントに交換できます。

dポイント:5000P⇒3000dポイント(交換は5000P~、1000P単位で可能)

※ドコモの携帯代に充てたり、ローソン、マクドナルドで使用可能」

 

ちょこむポイント:4000P⇒2000ちょこむポイント(交換は4000P~、1000P単位で可能)

※ちょこむポイント:SUICA、WAONへのチャージ、JALマイルへの交換が可能

 

⇒NTTグループカードのポイントは1000円につき10Pと利用額の1%ごとに貯まりますが、

ポイント利用時の交換レートはあまり高く設定されていません。

1%の還元で手に入れたポイントも、利用時は0.5~0.6%程度の価値に減少してしまいます。

提携ポイントの「dポイント」、「ちょこむポイント」はいずれも利用範囲が広いので、

各ポイントに交換することで、

幅広いサービスにポイントを利用できるようになります。

③ANAマイルに交換(おトク度:★)

ANAマイレージクラブに登録していれば、ポイントをANAマイルに交換することもできます。

交換は4000Pから可能で、手続き完了後1~2ヶ月でANAマイルに移行される。

交換レートは5:1(ポイント:マイル)となっています。

◆ANAマイル:4000P⇒800マイル (交換は1000P単位で可能)

④ギフト券やキャッシュバックに交換

ギフト券は「VJAギフトカード」、

キャッシュバックはNTT通信料金の一部として、

ポイントを使うことができます。

それぞれの交換レートは以下の通り。

VJAギフトカード 11000P⇒6000円分 「三井住友VISAカード発行のギフト券で全国50万店以上の店舗で使用可能。※お釣りは出ないので注意」
キャッシュバック 10000P⇒6000円分

ポイントのおトクな貯めかた

ネットショップは「倍増モール」経由でボーナスポイントゲット

楽天、yahoo、じゃらんなど、ネットショッピングの際にクレジットカードを利用している方は、

NTTグループカードの「倍増モール」を経由してポイントを効率よく貯めましょう。

倍増モールとは、NTTグループカードが運営するオンライン上のショッピングモールで、楽天、yahooなど数々のネットショップが登録されています。

 

ネットショッピング時は、このモールを経由して各ネットショップを利用することで、

2~26倍のボーナスポイントが加算されます。

無料で利用できるので、ネットショッピングの際は忘れずに利用しましょう。

電子マネーへのチャージでもポイントが貯まる

楽天edy、SUICA、ICOCA、nanacoへのチャージの際にNTTグループカードを利用すると、1000円チャージごとに1Pが貯まります。

普段から上記の電子マネーを使用しているなら、

現金ではなくクレジットカードからチャージして効率よくポイントを稼いでいきましょう。

セディナカードJiyu!da!、新規入会キャンペーンです。
セディナカードJiyu!da!
《特徴》
・年会費無料
・毎月の支払額/支払い方法が自由に決められる!
余裕があるときにはいつでも好きな金額をお支払いできます。
・ハローキティデザインもご用意

セディナカードJuyu!da!の評判は?

場所やシーンを選ぶことなく、何時でも普段遣いができると評判です。
ショッピングだけでなく、飲食店でも使えるお店が多いですから、常に持ち歩いてメインのカードとしても活用できます。
身近なお店に限らず旅行先でも使えるので、そういったところも評判となっています。
基本情報として、入会金や年会費は永久無料ですから、気軽に作れて便利に使える点が魅力だと思われます。
一方ではカード会社が選べるのもポイントで、自分の好きな会社が選べることがポジティブな評判を更に高めます。
ネットショッピングが中心の人の間では、ポイントの還元率の高さが好評です。
実店舗と同じく、やはりネットショッピングでも使えるお店の豊富さが強みで、それが利便性をアップさせています。
若い利用者層はコンビニの利用率が高いですが、指定のコンビニで買い物をすると多めにポイントがつきますから、そういう部分も評価されます。
他にも、キャンペーンの開催が頻繁で、割と還元の魅力が享受できる機会が多いと評判になっています。
年会費も家族カードも、初年度と2年目以降を問わず無料ですし、ETCカードも税抜1千円の発行手数料を除いて、2年目以降も無料です。
更に、各種公共料金の引き落としに対応で、管理をまとめることができますから、煩雑になりがちな毎月の支払いが楽になります。
好きな時に好きな分だけ支払えたり、毎月の支払額が決められるなど、文字通り使う人によって自由に使えるカードです。



ROLEX、HUBLOT、OMEGAなど人気のメンズブランド腕時計を月額制でレンタルする日本初のサービスです。