クレジットカードとは?初心者が作るなら、おすすめなANA、JALマイルが貯まるクレジットカードと電子マネー

ANA、JALマイルが貯まるオススメ クレジットカード、電子マネー情報を調べてみました。
ANA、JALマイルと相性がよいオススメ クレジットカード、電子マネーになります。

ANAマイル

楽天ANAマイレージクラブカード

マイル情報
フライトで発生するマイル ◯「ANAマイルが貯まる」
カード利用で発生するマイル ◯ 「200円につき1マイル」
ポイント交換で発生するマイル ◯「楽天P⇒ANAマイル(2:1)」
カード情報
年会費 初年度無料 / 年1回利用で翌年度無料
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
ポイント還元率 1.00%
空港ラウンジ ×
電子マネー機能 楽天edy
付帯保険 海外旅行保険 / カード盗難保険
ETCカード 有料(540円/年)
メリット

・年会費は実質無料でANAマイルがしっかり貯められる

・楽天ポイント、楽天edy、ANAマイルの3機能が1セットにまとまった便利なカード

・「ANAマイル / 楽天ポイント」どちらも貯めることができる

ANAマイレージは楽天Edyと相性がいいです。

関連記事タイプ別:楽天Edyにチャージする方法を解説!(現金・クレカ・アプリなど)

 

デメリット

・ETCカードは有料で年会費が540円かかる

みずほマイレージクラブカードANA

マイル情報
フライトで発生するマイル ◯「ANAマイルが貯まる」
カード利用で発生するマイル △「楽天edy利用は200円につき1マイル」
ポイント交換で発生するマイル ◯「永久不滅P⇒ANAマイル(100:350)」
カード情報
年会費 無料
国際ブランド Mastercard
ポイント還元率 0.50%
空港ラウンジ ×
電子マネー機能 楽天edy
付帯保険 ×
ETCカード 無料
メリット

・年会費無料でANAマイルがしっかり貯められる

・「ANAマイル / 楽天edy」機能が付いている

・みずほ銀行ATM/イオン銀行ATMの時間外手数料無料。コンビニATMも手数料無料(月4回まで)。

デメリット

クレジットカード利用時のポイント還元率は0.5%とやや低い

ANA JCB ZERO (※18~29才限定)

マイル情報
フライトで発生するマイル ◎「+10%のボーナスマイルが付く」
カード利用で発生するマイル ◯ 「1000円につき5マイル」
ポイント交換で発生するマイル ×
カード情報
年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント還元率 0.50%
空港ラウンジ ×
電子マネー機能 楽天edy / Quickpay / Pitapa
付帯保険 ×
ETCカード 無料
メリット

・搭乗時のフライトマイルは+10%のボーナスマイルが付与される

・楽天edy / Quickpay / Pitapaの3種類の電子マネーが使える

デメリット

18~29才までの年齢制限あり(利用は5年間まで)

JALマイル

JALカードTop&Club Q

マイル情報
フライトで発生するマイル ◎「毎年1000マイル+10%のボーナスマイル」
カード利用で発生するマイル ◯ 「200円につき1マイル」
ポイント交換で発生するマイル ×
カード情報
年会費 初年度無料 / 2年目以降2160円
国際ブランド VISA/Mastercard
ポイント還元率 0.50%
空港ラウンジ ×
電子マネー機能 ×
付帯保険 国内外旅行保険
ETCカード 有料(発行料515円)
メリット

・毎年1回目の搭乗で+1000マイル、毎回の搭乗時に+10%のボーナスマイルが付くので、マイルが貯めやすい

・東急グループで利用すると、TOKYUポイントも同時に貯まる

デメリット

2年目以降の年会費は2160円、ETCカードは発行料515円がかかる

イオンJMBカード(WAON一体型)

マイル情報
フライトで発生するマイル ◯「JALマイルが貯まる」
カード利用で発生するマイル ◯「200円につき1マイル」
ポイント交換で発生するマイル マイルをWAONに交換できる10,000マイルが11,000WAON
カード情報
年会費 無料
国際ブランド VISA/Mastercard/JCB
ポイント還元率 0.50%
空港ラウンジ ×
電子マネー機能 iD
付帯保険 カード盗難補償
ETCカード 無料
メリット
  • 年会費無料でJALマイルが貯められる
  • 「JALマイル / WAON/イオンiD」機能が付いている
  • 毎月20,30日はイオングループ利用で5%オフ
  • 毎月5,15,25日はイオングループ利用で200円につき2マイル貰える
デメリット
  • 海外旅行保険は付いていない

関連記事WAONをチャージできるコンビニとその方法とは(ローソン、ファミマ、ミニストップで対応)

Suica機能が付いたイオンカードが「イオンSuicaカード」
「Suica」と「イオンカード」が一体に、デポジット無料でSuicaが使える。
▼▼イオンカードお申込みはこちら▼▼
特典1 たまったときめきポイントをSuica(電子マネー)に交換できる
特典2 イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!
特典3 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%OFF

イオンSuicaカードでJR東日本自動改札をスムーズに通過でき、Suicaを使って駅ナカでもお得にお買い物ができます。
また、SuicaとWAONのオートチャージ機能も付いているので、定期的に電子マネーをチャージする必要がないメリットがあります。

イオンSuicaカードの特徴
イオンSuicaカードは、日常的にSuicaを利用するシーンが多く、またイオンでのお買い物をする人にとってメリットが大きいクレジットカードです。
年会費無料で使える点や、オートチャージが付いていることも評判となっています。

Apple Payでさらに快適に利用できます。
イオンSUICAカードはApple Payがつかえるようになっております。
Suicaは、Apple Payに対応しており、iPhoneにイオンSuicaカードを登録することでおサイフケータイとして使えます。
クレジットカード不要で、お持ちのiPhoneをかざすだけで、改札が通過できsuciaでの支払いが可能となります。
また、Suicaのオートチャージ(または手動チャージ)をした際には、イオンSuicaで貯まる「ときめきポイント」が付与されます。
貯めたポイントは再びSuicaにチャージできるので、通常のSuicaを使うよりもお得です。