北海道(札幌・函館エリア)の地下鉄やバスでSuicaの支払いやチャージができるのか調べました!(Pasmo/Icocaにも対応)

北海道でもSuicaをそのまま使用できるのか?

結論から言えば、ほとんどの交通機関ではSuica対応となっています。

このページでは、道内でSuicaの支払いやチャージができる路線(電車・バス)や店舗についてまとめています。

※PasmoやIcocaについても、Suicaに対応している場所では同じように利用することができます。

北海道でSuica(Pasmo・Icoca)が使える路線

支払い チャージ
JR北海道
北海道中央バス
じょうてつバス
札幌市営地下鉄
札幌市電 (路面電車)
函館市電 (路面電車)

 

Suicaは北海道内のSAPICA、Kitaca、ICAS nimocaエリアの各線に対応している

SAPICA、Kitaca、ICAS nimocaはそれぞれ北海道内で利用されている交通系電子マネーです。

Suicaはこれらの電子マネーと対応しているため、各線のエリア内ではいつもと同じようにSuicaを使い、交通機関を利用することができます。

各電子マネーの対応エリアについては、以下の公式ページからもご確認いただけます。

参考リンク

・SAPICAの利用可能エリア (SAPICA公式ページ)
・Kitacaの利用可能エリア (Kitaca公式ページ)
・nimocaの利用可能エリア (nimoca公式ページ)

北海道でSuicaにチャージするには

Suicaへのチャージは、駅構内の券売機や窓口のほか、バス乗り場や車内、コンビニなどの店頭でも行うことができます。

チャージの手続きは通常のSuicaへのチャージと同じ流れとなります。

北海道での主なチャージスポットは以下の通りです。

①交通機関でチャージできる場所
みどりの窓口
JR券売機
地下鉄券売機
チャージ機
バス営業所
バス車内

 

②店頭でチャージできる場所
セブンイレブン
ファミリーマート
ローソン
サークルKサンクス
セイコーマート
イオン
マックスバリュー
ツルハドラッグ
サツドラ
ビックカメラ
コジマ
ソフマップ

 

以下のマークがついている場所ではSuicaにも対応しているため、街中などで利用可能な場所を探すときの目印となります。

 

北海道でSuicaを利用するときに気を付けたいこと

北海道でも基本的にはSuicaに対応している場所は多いですが、利用にあたって注意しておきたいこともあります。

①エリアをまたいでの移動はできない

SAPICA・Kitaca・nimocaのエリアに対応しているSuicaですが、各エリアをまたがって移動することはできません。

(SAPICAエリアにSuicaで入場し、そのままKitacaエリアへ乗り換えるなど)

エリア間をまたぐ移動の場合は、再入場をする必要があります。

②Suicaに付いているオートチャージ機能は利用できない

Suicaのオートチャージ機能は、SAPICA・KitacaなどSuica以外のエリアでは利用することができません。

残高が一定額以下となったときも自動的にチャージはされないため、残高不足とならないように注意が必要です。

③紛失や故障時の再発行ができない

北海道でSuicaの紛失や故障があった場合、SAPICA・Kitacaなどのエリアでは再発行手続きができません。

この場合はSuicaエリアに戻り、再発行の手続きを行う必要があります。

Suicaは北海道でも問題なく利用できる

2013年から始まった交通系電子マネーの相互利用サービスによって、Suicaは関東圏に限らず、全国各地の路線でも利用が可能となりました。

北海道内ではKitacaやSAPICAといった電子マネーが主流ですが、Suicaについても問題なく使用することができます。

電車のほか、バスや路面電車でも利用できますので、便利に活用していけるといいですね。