【簡単!便利!】TOICAにコンビニでチャージする方法は (セブンイレブン、ローソン、サークルKなど)

TOICAにチャージができるコンビニは?

コンビニ名 チャージ
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルK
ミニストップ
スリーエフ
デイリーヤマザキ
コミュニティストア
Seico Mart
Lawson Store 100
New Days

※店舗によって一部対応していない場合があります。

【簡単!】コンビニでTOICAにチャージする手順は

どこのコンビニでも、チャージ用の専用端末はレジに置かれているので、

まずはレジへ行き、

店員さんに

「TOICAにチャージしたい」

と伝えましょう。

チャージできる金額単位は1,000円から、10,000円までとなっています。

レジでのチャージの流れは、

①専用端末にトイカカードを置く
②画面に表示された金額からチャージ額を選択する※
③選択した金額を現金で支払う

※1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円から選択

で完了です。

1分もあればチャージ完了です。簡単ですね。

なお、どこのコンビニも、チャージの支払いは”現金のみ”となっていることが多いため、

現金はお忘れなく。

コンビニ以外でもTOICAにチャージできる場所

TOICAはコンビニ以外でも、スーパーやショッピングセンター、家電量販店、ドラッグストアなどでも、チャージが可能です。

スーパー・ショッピングセンター

 

店舗名 チャージ
イオン
ピーコックストア
まいばすけっと
アピタ
ピアゴ

 

家電量販店

 

店舗名 チャージ
ビックカメラ
コジマ
ソフマップ

 

ドラッグストア

店舗名 チャージ
ツルハドラッグ
くすりの福太郎
ESSO

※店舗によって一部対応していない場合があります。

TOICAはオートチャージ未対応、、、今後の対応に期待

オートチャージ機能とは電子マネーへの入金額が一定以下になると、

バスや市電の車載器や電車の改札機にタッチするだけで、

自動的にチャージされる便利な仕組みです。

例えば、「1,000円以下になったら5,000円分チャージする」と設定しておくと、

残高が800円になった場合は5,000円分がチャージされ

「800円+5,000円=5,800円」が電子マネーの残高となります。

駅やコンビニでチャージする手間もなく、便利なサービスですが、

TOICAは現状、オートチャージには対応されていません。

東海エリアで生活する人の中には、オートチャージに対応している、

JR東日本のSUICAを使っている方も多いようです。

TOICAの今後の対応に期待したいですね。

TOICAの解約・払い戻しの手続きは

・払い戻しができる場所

東海エリアでTOICAを扱っている駅へ行き、改札の窓口や精算所にて、手続きを行います。

・払い戻しに必要なもの

払い戻しをするTOICAカードだけでOKです。

・払い戻し額の計算方法

TOICAは払い戻しの際に、デポジットの500円が返却されるほか、

払い戻し手数料として220円がカードの残高から差し引かれます。

例えば、カードに1,000円の残高が残っている場合、

1,000円(カード残高) – 220円(手数料) + 500円(デポジット)= 1,280円(受取額)

となります。

なお、手数料220円は、カード残高が220円以下の場合は、

差し引かれず、デポジットの500円だけが返金されます。

ですので、TOICAの解約時には、

カード残高は220円以下まで使い切ってから、手続きを行うのが良いですね。

・関連記事 (【店舗一覧】SUICAにチャージできるコンビニとそのやり方は?)
・関連記事 (【店舗一覧】ICOCAのチャージできるコンビニとそのやり方は?)
・関連記事 (【簡単!便利!】PASMOにコンビニでチャージする方法は?)
・関連記事 (WAONをチャージできるコンビニとその方法とは?)
・関連記事 (nanacoにコンビニでチャージするには?)

Suica機能が付いたイオンカードが「イオンSuicaカード」
「Suica」と「イオンカード」が一体に、デポジット無料でSuicaが使える。
▼▼イオンカードお申込みはこちら▼▼
特典1 たまったときめきポイントをSuica(電子マネー)に交換できる
特典2 イオングループの対象店舗なら、ときめきポイントがいつでも2倍!
特典3 毎月20・30日の「お客さま感謝デー」はお買い物代金が5%OFF

イオンSuicaカードでJR東日本自動改札をスムーズに通過でき、Suicaを使って駅ナカでもお得にお買い物ができます。
また、SuicaとWAONのオートチャージ機能も付いているので、定期的に電子マネーをチャージする必要がないメリットがあります。

イオンSuicaカードの特徴
イオンSuicaカードは、日常的にSuicaを利用するシーンが多く、またイオンでのお買い物をする人にとってメリットが大きいクレジットカードです。
年会費無料で使える点や、オートチャージが付いていることも評判となっています。

Apple Payでさらに快適に利用できます。
イオンSUICAカードはApple Payがつかえるようになっております。
Suicaは、Apple Payに対応しており、iPhoneにイオンSuicaカードを登録することでおサイフケータイとして使えます。
クレジットカード不要で、お持ちのiPhoneをかざすだけで、改札が通過できsuciaでの支払いが可能となります。
また、Suicaのオートチャージ(または手動チャージ)をした際には、イオンSuicaで貯まる「ときめきポイント」が付与されます。
貯めたポイントは再びSuicaにチャージできるので、通常のSuicaを使うよりもお得です。