【簡単!便利!】TOICAにコンビニでチャージする方法は (セブンイレブン、ローソン、サークルKなど)

TOICAにチャージができるコンビニは?

コンビニ名 チャージ
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
サークルK
ミニストップ
スリーエフ
デイリーヤマザキ
コミュニティストア
Seico Mart
Lawson Store 100
New Days

※店舗によって一部対応していない場合があります。

【簡単!】コンビニでTOICAにチャージする手順は

どこのコンビニでも、チャージ用の専用端末はレジに置かれているので、

まずはレジへ行き、

店員さんに

「TOICAにチャージしたい」

と伝えましょう。

チャージできる金額単位は1,000円から、10,000円までとなっています。

レジでのチャージの流れは、

①専用端末にトイカカードを置く
②画面に表示された金額からチャージ額を選択する※
③選択した金額を現金で支払う

※1,000円、2,000円、3,000円、5,000円、10,000円から選択

で完了です。

1分もあればチャージ完了です。簡単ですね。

なお、どこのコンビニも、チャージの支払いは”現金のみ”となっていることが多いため、

現金はお忘れなく。

コンビニ以外でもTOICAにチャージできる場所

TOICAはコンビニ以外でも、スーパーやショッピングセンター、家電量販店、ドラッグストアなどでも、チャージが可能です。

スーパー・ショッピングセンター

 

店舗名 チャージ
イオン
ピーコックストア
まいばすけっと
アピタ
ピアゴ

 

家電量販店

 

店舗名 チャージ
ビックカメラ
コジマ
ソフマップ

 

ドラッグストア

店舗名 チャージ
ツルハドラッグ
くすりの福太郎
ESSO

※店舗によって一部対応していない場合があります。

TOICAはオートチャージ未対応、、、今後の対応に期待

オートチャージ機能とは電子マネーへの入金額が一定以下になると、

バスや市電の車載器や電車の改札機にタッチするだけで、

自動的にチャージされる便利な仕組みです。

例えば、「1,000円以下になったら5,000円分チャージする」と設定しておくと、

残高が800円になった場合は5,000円分がチャージされ

「800円+5,000円=5,800円」が電子マネーの残高となります。

駅やコンビニでチャージする手間もなく、便利なサービスですが、

TOICAは現状、オートチャージには対応されていません。

東海エリアで生活する人の中には、オートチャージに対応している、

JR東日本のSUICAを使っている方も多いようです。

TOICAの今後の対応に期待したいですね。

TOICAの解約・払い戻しの手続きは

・払い戻しができる場所

東海エリアでTOICAを扱っている駅へ行き、改札の窓口や精算所にて、手続きを行います。

・払い戻しに必要なもの

払い戻しをするTOICAカードだけでOKです。

・払い戻し額の計算方法

TOICAは払い戻しの際に、デポジットの500円が返却されるほか、

払い戻し手数料として220円がカードの残高から差し引かれます。

例えば、カードに1,000円の残高が残っている場合、

1,000円(カード残高) – 220円(手数料) + 500円(デポジット)= 1,280円(受取額)

となります。

なお、手数料220円は、カード残高が220円以下の場合は、

差し引かれず、デポジットの500円だけが返金されます。

ですので、TOICAの解約時には、

カード残高は220円以下まで使い切ってから、手続きを行うのが良いですね。

・関連記事 (【店舗一覧】SUICAにチャージできるコンビニとそのやり方は?)
・関連記事 (【店舗一覧】ICOCAのチャージできるコンビニとそのやり方は?)
・関連記事 (【簡単!便利!】PASMOにコンビニでチャージする方法は?)
・関連記事 (WAONをチャージできるコンビニとその方法とは?)
・関連記事 (nanacoにコンビニでチャージするには?)

セディナカードJiyu!da!、新規入会キャンペーンです。
セディナカードJiyu!da!
《特徴》
・年会費無料
・毎月の支払額/支払い方法が自由に決められる!
余裕があるときにはいつでも好きな金額をお支払いできます。
・ハローキティデザインもご用意

セディナカードJuyu!da!の評判は?

場所やシーンを選ぶことなく、何時でも普段遣いができると評判です。
ショッピングだけでなく、飲食店でも使えるお店が多いですから、常に持ち歩いてメインのカードとしても活用できます。
身近なお店に限らず旅行先でも使えるので、そういったところも評判となっています。
基本情報として、入会金や年会費は永久無料ですから、気軽に作れて便利に使える点が魅力だと思われます。
一方ではカード会社が選べるのもポイントで、自分の好きな会社が選べることがポジティブな評判を更に高めます。
ネットショッピングが中心の人の間では、ポイントの還元率の高さが好評です。
実店舗と同じく、やはりネットショッピングでも使えるお店の豊富さが強みで、それが利便性をアップさせています。
若い利用者層はコンビニの利用率が高いですが、指定のコンビニで買い物をすると多めにポイントがつきますから、そういう部分も評価されます。
他にも、キャンペーンの開催が頻繁で、割と還元の魅力が享受できる機会が多いと評判になっています。
年会費も家族カードも、初年度と2年目以降を問わず無料ですし、ETCカードも税抜1千円の発行手数料を除いて、2年目以降も無料です。
更に、各種公共料金の引き落としに対応で、管理をまとめることができますから、煩雑になりがちな毎月の支払いが楽になります。
好きな時に好きな分だけ支払えたり、毎月の支払額が決められるなど、文字通り使う人によって自由に使えるカードです。



ROLEX、HUBLOT、OMEGAなど人気のメンズブランド腕時計を月額制でレンタルする日本初のサービスです。